バイアグラでセックスレス解消!バイアグラで離婚危機を乗り越える方法

■要約文

ED治療薬として人気の高いバイアグラ。

老若男女、バイアグラと言う言葉は知っていても、言葉だけが独り歩きして、実際にはどこのメーカーがどんな製品を出していて、どんな効果があるのか?ご存知ない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、このバイアグラが何故これほど認知度が高いのか?数あるバイアグラ製品の中で混在する正規品と、ジェネリック医薬品との違い、どんな成分が含まれ、服用するとどんな勃起力が体感できるのか?インターネット上にあふれる、効果ばかりの内容を見るとよいことずくめの気がするけれど、副作用の危険性はないのか?

そもそも何故、このようにED治療薬が必要になった時代背景は何なのか?

バイアグラを服用するにあたって、自分自身が体感した効果、副作用、バイアグラジェネリックについての情報をありのままに書いて行こうと思います。

現在、日本国内の夫婦の45%がセックスレスに陥っていると言われています。(約2組に1組の夫婦がセックスレスの悩みを抱えていることになります)

実は私たち夫婦も、セックスレスが原因により離婚の危機を迎えたのです。

果たして、深刻なセックスレスに悩み、離婚危機にまで及んだ私たち夫婦が、バイアグラ服用により、セックスレス解消に繋がったのか?体験レポートも交え、赤裸々に綴って行きます。

まずはじめに、バイアグラが何故こんなに人気が高いのか?その答えは単にTVやインターネット広告はじめ、各種メディアでの露出度が高いだけでなく、医療現場での処方率が極めて高いことが挙げられます。

このサイトではこの事を証明すべく、「口コミ」 「体感効果」 「バイアグラジェネリック」の3つの観点から、バイアグラの製品力を検証してみました。

①口コミ・・・・・単に、インターネットや雑誌媒体でのレビューをまとめるだけでなく、実際に服用している人の体験談を厳選して検証を実施しています。

②効果・・・・・激務に追われるサラリーマンの私、やっさんが実際に製品を購入し、約半年間に渡ってバイアグラを服用。その効果を完全レポート。

さらに、私だけでなく、愛する妻、恵子が女性版バイアグラと呼ばれる、レビトラを服用した効果に至るまで、完全レポートしています。

③医療現場及び、調剤薬局にて耳にするジェネリック薬品。

バイアグラにおいても、多くの種類のジェネリックが存在し、その効能が気になる中で、私の医師の知り合い、Y氏からの、バイアグラジェネリックの効果・効能への貴重な意見も掲載しています。

「単に、バイアグラを販売、紹介されているサイトは数多くある中で、このような切り口からバイアグラの効能を実施、検証し分析・評価結果を公開しているサイトはないものと思いますので、勃起不全にお悩みで、バイアグラの購入をご検討されている方は、最後までジックリと本サイトの記事をお読み頂き、ご購入を検討されればと思います。」

■自己紹介

下克上の厳しいサラリーマン社会で上下の人間関係に悩む、私、40代中間管理職やっさんが、バイアグラ服用と身を持って体感した実態について、赤裸々に告白致します。

今では勃起不全治療薬として、名高いバイアグラ...その名前を聞いてネット検索をかけると、効果・効能を絶賛する書き込み、掲示板がズラズラ~ッと出てきます。ムムムッ?でもちょっと待てよ?

そんなに良いことしか書いていない製品って、何か逆に怪しくない...?何か一個位、副作用的なデメリットはあるでしょ?

それこそ星の数ほど存在する膨大なネット情報の中、この記事にたどり着いて、そう直感的に思った方、いらっしゃいますよね?

実は私、やっさんも、そう思った一人なんです。

ここではバイアグラの良いことばかりではなく、口コミ比較や効果、気になる副作用についても私、やっさんが実際に服用して体感したありのままを書いてます。

おっと、ここで遅ればせながら、改めて自己紹介をさせて下さい。

私、やっさんと申します。

年齢は45歳。小さな工作機械メーカーで、中間管理職(課長代理)として働く、バリバリのサラリーマンです。8歳年下の妻と、3歳になる長男と平凡ながら、少し前まで幸せに家族3人と暮らしていました...。

暮らしていました...と過去形なのは、妻から1年前、そろそろ2人目の子供が欲しいと相談されていたものの、仕事で深夜遅く帰宅し、食事、入浴を済ませ、いざ夫婦の営みとなると...会社から家へ帰った解放感と、中間管理職と言う激務の精神的、肉体的疲労感がピークに達し、肝心の男性自身はゲンナリ萎えたまま、役立たず...泣。

そんな肉体的不一致は、夫婦間の気持ちのすれ違いを生み、やがて会話もなくなり、すっかり夫婦間は冷え切ってしましました。

これは早いうちに何とかしないと離婚の危機を迎えてしまう...焦るのは気持ちばかり。

仕事を終えてフラフラになりながら、閉店間際のドラッグストアへ走っては...市販されている、ユ○ケル、リ○イン、ビ○リスetc...あらゆる精力剤を購入して、服用してみたものの、効果は全く感じられず...

藁をもつかむ思いで、パソコンの画面に噛りついてはAmazon、楽天、ヤフーのネットショップ...それだけでは飽き足らず、海外のネットショップから、個人輸入を手がけているサイトまで、くまなく検索しては新しい精力剤を購入し、今夜こそはギンギンにいきり立った男性自身をイメージして祈るような気持ちで服用してみたものの、いざ夜の営みとなるとゲンナリ萎れた男性自身に、愛する我妻には愛想を尽かされる始末...

決して安くはない精力剤に財布の紐は緩みっぱなしの過酷な状況に、無情にも夫婦間の関係は冷え切ってゆく一方でした。

(財布の羽イラスト)

そしてある日、妻から信じたくはない厳しい一言を突きつけられたのです。

「このまま一つ屋根の下で一緒に過ごすのは耐えられないから、別れましょう...」

(頭を抱えるイラスト)

そのショッキングな言葉を聞いてからは、ろくに仕事も手に付かず、夜の営みどころか、妻と話す事も子供を愛おしく思う気持ちのゆとりさえも無くなり、心が壊れてしまい、どこか誰も知らない場所へ行き、消えてしまいたい衝動に駆られる毎日で...このままこの世から居なくなってしまうとどれだけ気持ちが楽になるだろうかと、馬鹿な事を考えてしまう自分が居て、身も心も疲れ果ててしまっていました。

(首を吊るイラスト)

このままではいけない...何馬鹿な事を考えているんだ俺は。

(ハッと我に返る画像)

悩み抜いた挙句、ふと、同じく夜の営みの持っていた気心の知れた新婚ホヤホヤの、ただ一人、心を許せる職場の後輩、岡田(仮称)と昼飯を食べた時に、悩みを打ち明けたんです。

では、ここから先は、私と岡田氏の会話をお伝えしますので、お楽しみください。

-------

(私):「な、なあ、岡田...」

岡田:「はあ?」

(私):「君、前に、嫁さんと夜の生活がギクシャクしてるって言ってただろう?」

岡田:「えっ?」

とても昼飯時の会話とは思えぬ私の唐突な質問に、岡田は食べていた煮魚定食の魚の骨が喉に刺さった様に面食らった様子で、ぶっきらぼうに答えた。

岡田:「どうしたんですか、先輩...奥さんとうまく行ってないんすか?」

気心が知れているだけに、岡田は私のただならぬ雰囲気に、何かを察した様子だった。

(私):うん、そうなんだ。実はな...

私は食べかけの定食を口にする事も忘れ、妻との夜の営みが上手く行っていない事、あらゆる手法で精力剤を試したが、全く効果がなく、離婚の危機を迎えている事など、包み隠さず一気に胸の内を明かした。

岡田:なるほど、先輩、そうだったんですね...

暫く、定食屋のテーブルを挟んだ二人の間に、沈黙の時が流れた。

(私):ご、ごめんな。昼飯時に話す事じゃなかったな...

私は答えに窮している様子の岡田に、罰の悪い空気を振り払う様に慌てて話題を変えようとしたその時、

岡田:先輩、実はですね...

岡田が逆に私が話題を変えるのを遮る様に、切り出した。

岡田:実は、僕、バイアグラを医師の処方を受けて飲んでるんです。

ええっ? 今度は私が面食らって、岡田に返答した。

(私):是非、詳しく教えてくれないか?離婚の危機を乗り越えたいんだ!!

岡田:ええ。私の体験なんかで参考になれば。

それから岡田は、昨年結婚して以来、仕事の激務から来る疲れ、精神的プレッシャーからEDの症状に悩み、夫婦間における夜の営みが無くなってしまい、私と同じ様にあらゆる精力剤を試しては絶望し、新婚早々、離婚の危機を迎えてしまった事。

バイアグラ服用を始めてから半年、男性自身の絶大な勃起力を体感し、夫婦間の性生活の悩みは解消。子宝にも恵まれ、以降、夫婦の夜の営みは絶好調な事など、包み隠さず、ありのままに話してくれた。

又、夫婦の性生活の悩みを抱えているのは、男だけではなく、むしろ子育てのストレスに日々さらされる、女性の方が人知れず悩みを抱えている事、女性版バイアグラと呼ばれる、ウーメラと言う精力剤があり、女性にも密かに愛用者がいる事など、ありがたい事に私が気付いていない事実についても、アドバイスを与えてくれた。

-------

と、以上、岡田との会話をお届けしました。

岡田からのバイアグラ服用の効果の話を聞いた私は、目から鱗だった。

それだけではない。岡田は大学病院に行き、バイアグラの処方を受けるのは高額な費用がかかる為、知り合いが勧めてくれたバイアグラを扱っている、個人輸入のインターネットショッピングサイトを見付けた事も教えてくれ、そこで購入を続ける事で、割引等、特典を受けられる事実についてもアドバイスをくれたのである。

岡田との昼食を終え、仕事を終えたその日の夜、妻と子供が寝静まった電気の消えた寝室の枕元で、私は藁をも掴む思いで、そっとノートパソコンの電源を入れ、岡田の教えてくれたバイアグラを扱っているショッピングサイトを夢中で検索した。

(その日は特に仕事で疲れていたが、ショッピングサイトにアクセスし、バイアグラの画像が出た来た瞬間、疲れなんて吹き飛び、目が冴えた事を鮮明に覚えている)

これこれ、この商品が岡田が教えてくれたバイアグラだ!

この商品、見るからに効きそうなパッケージしてるじゃないか...

ゴクリ。私は思わず唾を飲み込みながら、このバイアグラを服用する事で、不謹慎にも愛する妻以外にも、気になっている何人かの女性も含め、エネルギッシュにそそり立つ男性自身で満足させている姿を妄想しながら、興奮で小刻みに震える指で、バイアグラの注文ボタンを押した。

注文ボタンを押してからと言うもの、バイアグラが届くまでのもどかしさと言ったら、なかった。

(同じ、悩みを持った男性諸氏なら、この手の商品は家族に受け取られたくない事は想像に難くない)

注文の際、配送希望欄を会社が休みの土曜日午前中に指定してあった為、玄関の呼び出しチャイムが鳴る度に、ソワソワして、不自然極まりない態度丸出しだった気がする。

そして、商品が届いた週末の夕方、私は思い切って妻、恵子(仮称)にバイアグラ購入を打ち明けた。

-------

ここから先、夫婦離婚の危機を迎えた私、妻恵子の会話をお楽しみ下さい。

(私):あ、あの...とっても大切な話があるんだ。

恵子:何?大切な話って...

夫婦間の夜の営みがままならない、夫婦間に生じる何とも言えない気まずい空気感が2人を包んでいた。

恵子:今じゃなきゃ駄目なの?

(私):うん。

恵子:何なの?私、晩御飯の買い物に行かなきゃならないの。

早く言ってよ。あなた、男でしょ?

私はハッと我に帰った。男でしょ?...夫婦間がギクシャクしているとは言え、心から愛する妻に、そう言われる事が恥ずかしく、言わせてしまう自分が情けなかった。

(私):バイアグラを買いました...何故か敬語口調になってしまっていた。

恵子:えっ?バイアグラって...薬の?

※妻の様子を見ると、バイアグラそのものの事は知っている様だ。これだけインターネットが普及し、情報網が発達している現代社会において、知らない事の方がおかしい。

(私):ごめん...別に黙っているつもりはなかったんだけど。

私は返答に困っている様子の妻との沈黙の気まずさを取り繕う様に、言った。

恵子:それで効き目はどうなの?

(私):急に効き目って言われても...

※予想に反して、唐突な妻からの鋭い質問に面食らいながら、私は答えを探していた。

恵子:今すぐ私を抱いてよ!

(私):い、いいのか?晩の買い物は?

※苦し紛れの回答をしながら、私は妻の目を見つめた。

実は夜の営みが無くなって以来、男として、女性を見た時に、抱きたい衝動に駆られる悶々とした気持ちを、少なからず私は抑えられずに悩んでいた。

恵子:いいから、早くして!

その言葉を聞くや否や、目を閉じていた妻の体を抱き寄せ、貪る様に唇を重ねた。

そして気が付くと、私の男性自身はいきり立っており、未だ経験した事のない位、熱くなっているのを感じていた。

(私):今まで寂しい思いをさせてごめん。

今でもたまらなく、君が欲しいんだ。僕にはやっぱり君しか居ない!!

恵子:私もよ!仕事から帰っても、あなたはろくに話もしてくれないし、あなたの心が離れて行ってしまう様で寂しかったの。

何だか今日のあなたは別人みたいだわ。あそこも硬くなっているし、何だか熱くなってるわね。

それって、バイアグラの効果じゃないの?なんだか私、欲しくてたまらないわ。

※そう言われて、私はハッと我に返り、冷静な気持ちになった。

「あそこに全身の血流が集中して、熱くなるこの感じ。一体この感覚は何なんだ?」

私は未だ体験した事がない、この熱く漲る感覚に興奮を覚え、妻を激しく愛撫した。

バイアグラが届いてすぐ開封、飲んで一時間もしないうちに、こんなに激しく妻の体を求めるなんて...これがバイアグラの効果なのか?

まるで今までのセックスレスに陥っていたのが嘘の様に、その日の夜の私たち夫婦の営みは熱かった。

いままでは一回射精してしまえば、ぐったりで、二回戦に望む気持ちも精力も持ち合わせていなかったのが、二回目以降もいけそうな感覚を感じられるのは凄い効果を感じる。

 

-------

以上、多少、赤裸々な表現も含みますが、離婚危機を迎えていた、当時の気持ちを綴ってみました。

それから服用を続ける事、約半年...はじめは半信半疑で、「どうせ市販の精力剤と大して変わらないんじゃないか?」...と、冷めた気持ちで、服用をためらっていた事が嘘の様に、今ではバイアグラの効果に驚愕し、自分自身の分身の様に無くてはならない物になっています。

そんなバイアグラですが、ここで、下半身に漲る効果について、良い点メインについて書いて来ましたが、反面、悪い点もあり、服用方法を誤ると、最悪、死につながる危険性もある薬です。

せっかく、私、やっさんが書いた記事を読んだ事がきっかけで、バイアグラを購入したのに、服用方法を誤ったばかりに、効果を体感することなく、逆に副作用で痛い目に遭ってしまった...そんな事、絶対いやなので、私の知り合いでもある、某、有名クリニックで医師をやっている、Dr.Y氏からの助言に基づき、ED治療薬の豆知識から、良い点も悪い点も書いて行きますので、読んで下さいね^^

なになにっ?やっさんって、医師の知り合いがいるのっ?て声が聞こえて来そうですね。

エヘへッ(笑)...普通のサラリーマンなのに、結構、こう見えて人脈広いでしょっ?

それではここから先、ED治療カウンセリングのプロ、Dr.Y氏と、私、やっさんとの会話をお楽しみ下さい。

 

-------

【EDに悩んでいるのは中高年だけではない?】

(私):先生、こんにちわ。実は先日、ネットで見たんですけど、ここ最近、ED治療のカウンセリングを受けている人の年齢層が、中高年だけでなく、若い人も結構居るって、知ったんですけど本当なんですか?

Dr.Y:「やっさん、そうなんだよ。」

「男性の性器自体に問題がないにもかかわらず、十分に勃起が出来ず、満足な性行為が行えない症状をEDと呼んでいる。我々、医学界ではEDや勃起不全とも呼ばれ、昨今ではインターネット広告や、CMなどでも認知度や関心が高まっているんだ。」

「又、EDで悩んでいる人々は年々増加傾向にあり、高齢化の方だけでなく、若い世代にも悩んでいる方が多いのが特徴だね。」

「15年ほど前のデータによると4人に1人の成人男性が勃起に関しての何らかの悩みを抱えているとされているけど、現代ではその割合を大きく上回っている。 何かとストレスの多い現代社会の現状を如実に反映していると言えるよね。」

私:「そうなんですね。バイアグラを服用するまでは、EDに悩んでいた私としては、偉そうに言えませんが、、、若い世代でEDに悩む人が増えた原因の一つとして、ストレスだけでなく、生活リズムや食生活の変化も大きな要素を占めると考えているんですが...又、以前に比べ、女性を見るとギラギラした眼差しで見ている肉食系男子が減って、好みの女性が街を歩いていても、興味を示さなかったり、通り過ぎるのを、そっと眺めているだけの草食系男子が増えた様に感じるのは気のせいでしょうか...?」

Dr.Y:「やっさん、いいところに気付いたね。」

「実は医学的見地から見ても、それは明らかに感じている事なんだ。

実際、勃起不全に悩み、ED治療に来る、年代って、いくつ位の年齢層が中心だと思う?」

私:「えっ?、そんなの40~60歳代が多いに決まってるんじゃ...」

そんな私の言葉を遮るように、Dr.Yは言った。

Dr.Y:「結構、20代後半の年齢層も相談に来てるんだよ」

私:「ええ~っ!本当ですか?」

驚く私を見て、あくまでも冷静にDr.Yは答えた。

Dr.Y:「ああ、本当だよ。これは医学的見地に基づいての私の見解だが、EDに悩む若い年齢層の人全般において、生活習慣が不規則になっているケースが大きく影響していると考えられる。」

「朝起きてから、寝る時間が遅かったり、一日に取る食事の回数が少なく、時間もバラバラだったり。」

私:「なるほど、納得ですね。日々の激務に追われ、忙しくしていると、朝早く、会社へ出勤し、夜遅くに帰宅し、食事はインスタントラーメン、コンビ二で購入するレトルト食品が中心。おまけに、妻との会話もなく、家族団らんの時間もなく、気持ちが安らぐ暇がない...これはEDにならない方がおかしい訳だ。」

 

 

 

 

 

■体感レビュー

このサイトを訪れて下さった読者の方々の多くは深刻なセックスレスによる、何らかの夫婦間の問題を抱えた方がほとんどですよね?

又、バイアグラについて、色々な種類があるけれど、どれを飲んで良いのか分からないし、現在話題の、バイアグラジェネリック製品についての体感も知りたいって言う方もおられるでしょう。

 

 

 

 

 

バイアグラについて書いてよ!ちょっと待った。その前に書いておきたい事が

こんばんわ。やっさんです。

最近、バイアグラについて何も記事を書いてないねって声が聞こえそうですが。

実はですね、愛する妻との充実した夜の生活の為、藁にもすがる思いでバイアグラを手に入れ、服用したのですが、自分自身の体感は出来てはいるものの、記事を読んでくれている人に製品について聞かれた時に、成分の事や、おすすめ出来る良い点、逆におすすめ出来ない悪い点をスラスラと話す事は出来るのか、ふと考えてみました。

答えは残念ながら、現在の私では出来ないと言う結論に達しました。何故かって?答えは一つ。単なる知識不足なんですね。

ひとえにバイアグラと言っても、本物から偽者、ジェネリック版バイアグラまで含め、多くの種類がある訳で、せっかくですので、これから服用を考えている知識がない方の為にも分かり易く、書いてみました。

そもそもバイアグラとはED(勃起不全)治療の効果がある世界的にも有名な医薬品です。ED治療薬として世界で初めて製品化され、1998年1月にアメリカで発売されました。

ここで、薬でも食べ物でも、新しく流行るモノはアメリカが多いなーって感じた、あなたは結構鋭い感覚の持ち主かも知れません。薬や洋服、音楽でも何でも昔から、流行の先端を行くモノがアメリカから生まれるのには、ちゃんとした理由があるんです!

(そのことについても、ちゃんと理由を書いて行きますので、楽しみにしていて下さい量ね。)

さて、1998年1月に発売されたバイアグラ。菱形で、青色の外形が特徴的ですが、中身は白い薬剤です。

↓↓↓

また薬価基準未収載であるため、保険適用外の薬に分類されるので国内どこの医療機関に行っても自費診療となり、保険証も必要ありません。

発売当初、我々男性自身にとっては「夢の薬」の登場とだけあって、話題は瞬く間に日本国内でも広がりました。私、やっさんの様に「自分も試してみたい!」と思った多くの日本人が個人輸入業者を介して、バイアグラを入手。当然、医療機関で併用禁忌や使用上の注意点などの説明を受けないまま、用量用法を守らず、服用していました。このような人たちが後を絶たず、遂には併用禁忌薬である、硝酸剤と併用してしまい、

【セックスレス解消】本物のバイアグラを確実にゲットする4つの秘訣

■要約文

ED治療薬として人気の高いバイアグラ。

老若男女、バイアグラと言う言葉は知っていても、言葉だけが独り歩きして、実際にはどこのメーカーがどんな製品を出していて、どんな効果があるのか?ご存じない方も多いのではないでしょうか?

この記事では、このバイアグラがなぜこれほど認知度が高いのか?数あるバイアグラ製品の中で、混在する正規品と、ジェネリック医薬品との違い、どんな成分が含まれ、服用するとどんな勃起力が体感出来るのか?インターネット上にあふれる、効果ばかりの内容を見ると良いことずくめの気がするけれど、副作用の危険性はないのか?

そもそも何故、この様にED治療薬が必要になった時代背景は何なのか?

バイアグラを服用するにあたって、自分自身が体感した効果、副作用、バイアグラジェネリックについての情報をありのままに書いて行こうと思います。

又、日本国内の夫婦の45%がセックスレスに陥っていると言われています。(約2組に1組の夫婦がセックスレスの悩みを抱えている事になります)

実は私たち夫婦も、セックスレスが原因により、離婚の危機を迎えたのです。

果たして、深刻なセックスレスに悩み、離婚危機にまで及んだ私たち夫婦が、バイアグラ服用により、セックスレス解消に繋がったのか?体験レポートも交え、赤裸々に綴って行きます。

■自己紹介

下克上の厳しいサラリーマン社会で上下の人間関係に悩む、40代中間管理職やっさんが、バイアグラと身を持って体感した実態について、赤裸々に告白致します。

バイアグラ…その名前を聞いてネット検索をかけると、効果・効能を絶賛する書込み、掲示板がズラズラ~ッと出て来ます。
ムムムッ?でも、ちょっと待てよ?

そんなに良いことしか書いていない製品って、何か逆に怪しくない…? 何か一個位、副作用的なデメリットはあるでしょ?

それこそ星の数ほど存在する膨大なネットの情報の中、この記事に辿り着いて、そう直感的に思った方、いっらしゃいますよね?

実は私、やっさんも、そう思った一人なんです。

ここではバイアグラの良い事ばかりではなく、口コミ比較や効果、気になる副作用についても私、やっさんが実際に服用して体感したありのままを書いてます。
おっと…遅ればせながら、改めて自己紹介をさせて下さい。
私、やっさんと申します。

年は45歳。小さな機械メーカーで、中間管理職(課長代理)として働く、バリバリのサラリーマンです。
8歳年下の妻と3歳になる長男と平凡ながら、少し前まで幸せに家族3人と暮らしていました・・・
暮らしていました・・・と過去形なのは 妻から1年前、そろそろ2人目の子供が欲しいと相談されたものの、仕事で深夜遅く帰宅し、食事、入浴を済ませ、
いざ、夫婦の営みとなると・・・会社から帰った解放感と、中間管理職と言う激務の精神的、肉体的疲労感がピークに達し、肝心の男性自身は萎えたまま
役立たず...泣。

そんな肉体的不一致は 気持ちのすれ違いを生み、やがて会話もなくなり、すっかり夫婦間は冷え切ってしまいました。
これは早いうちに何とかしないと離婚の危機を迎えてしまう。。。焦るのは気持ちばかり。

仕事を終えてフラフラになりながら、閉店間際のドラッグストアへ走っては…市販されているユ○ケル、リ○イン、ビ○リスetc…あらゆる精力剤を購入して
服用してみたものの、全く効果は感じられず…

藁をも掴む思いで、パソコンの画面に噛り付いてはAmazon、楽天、ヤフーのネットショップ、それだけでは飽き足らず、海外のネットショップから、
個人輸入を手がけているサイトまで、くまなく検索しては 新しい精力剤を購入し、今夜こそはギンギンに、いきり立った男性自身をイメージして祈る様な気持ちで
服用してみたものの、いざ夜の営みとなるとゲンナリ萎れた男性自身に、愛する我妻には愛想を尽かされる始末…
決して安くはない精力剤に財布の紐は緩みっぱなしの過酷な状況に、無情にも夫婦間は冷え切ってゆく一方でした。

(財布の羽イラスト)
そして、ある日、妻から信じたくはない厳しい一言を突きつけられたのです。
「このまま一つ屋根の下で一緒に過ごすのが絶えられないから…別れましょう」

(頭を抱えるイラスト)
そのショッキングな言葉を聞いてからは仕事も手に付かず、夜の営みどころか、妻と話す事も子供を愛おしく思う気持ちのゆとりさえも無くなり、心が壊れてしまい、
どこか誰も知らない場所へ行き、消えてしまいたい衝動に駆られる毎日で…このまま居なくなってしまうとどれだけ気持ちが楽になるだろうがと、馬鹿な事を考えて
しまう自分が居て、身も心も疲れ切ってしまっていました。

このままではいけない…何馬鹿な事を考えているんだ俺は。

(写真)

悩み抜いた挙句、ふと、同じく夜の営みの悩みを持っていた気心の知れた新婚ホヤホヤのただ一人と呼べる職場の後輩、岡田(仮称)と昼飯を食べた時に、悩みを打ち明けたんです。

では、ここから先は、私と岡田氏の会話をお伝えしますので、お楽しみください。
——-
(私):「な、なあ、岡田…」

岡田:「はあ?」

(私):「君、前に、嫁さんと夜の生活がギクシャクしてるって言ってただろう?」

岡田:「えっ?」
とても昼飯時の会話とは思えぬ私の唐突な質問に、岡田は食べていた煮魚定食の魚の骨が喉に刺さった様に、面食らった様子で、ぶっきらぼうに答えた。
岡田:「どうしたんですか、先輩…奥さんとうまく行ってないんすか?」
気心が知れているだけに、岡田は私のただならぬ何かを感じた様子だった。

(私):うん、そうなんだ。実はな…
私は食べかけの定食を口にする事も忘れ、妻との夜の営みが上手く行っていない事、あらゆる手法で精力剤を試したが、全く効果がなく、離婚の危機を迎えている事等、
包み隠さず、一気に胸の内を明かした。

岡田:なるほど、先輩、そうだったんですね…
暫く、定食屋のテーブルを挟んだ二人の間に、沈黙の時が流れた。
(私):ご、ごめんな。昼飯時に話す事じゃなかったな…
私は答えに窮している様子の岡田に、罰の悪い空気を振り払う様に慌てて話題を変えようとしたその時、

岡田:先輩、実はですね…
岡田が逆に私が話題を変えるのを遮る様に、切り出した。

岡田:実は、僕、バイアグラを医師の処方を受けて飲んでるんです。

ええっ? 今度は私が面食らって、岡田に返答した。

(私):是非、詳しく教えてくれ。離婚の危機を乗り越えたいんだ!

岡田:ええ。私の体験なんかで参考になれば。

それから岡田は 昨年結婚して以来、仕事の激務から来る疲れ、精神的プレッシャーからEDの症状に悩み、夫婦間における夜の営みが無くなってしまい、
私と同じ様に、あらゆる精力剤を試しては絶望し、新婚早々、離婚の危機を迎えてしまった事。
最終的には大学病院を夫婦で尋ね、医師のアドバイスによりバイアグラを進められ、藁も掴む思いで、服用を始めた事。
バイアグラ服用を始めてから半年、男性自身の絶大な勃起力を体感し、夫婦間の性生活の悩みは解消。子宝にも恵まれ、以降、夫婦の夜の営みは絶好調な事を
ありのままに話してくれた。

又、夫婦の性生活の悩みを抱えているのは 男だけではなく、むしろ子育てのストレスにさらされる女性の方が人知れず悩みを抱えている事等、ありがたい事に私が気付いていない
事実についてもアドバイスを与えてくれた。

——-

と、以上、岡田との会話をお届けしました。
岡田からの話を聞いた私は目から鱗でした。
それだけではない。岡田は大学病院に行き、バイアグラの処方を受けるのは高額な費用がかかる為、大学病院の先生が進めてくれたバイアグラを扱っている個人輸入のインターネット
ショッピングサイトを見付けた事も教えてくれ、そこで定期購入を続ける事で、割引等、特典を受けられる事実についてもアドバイスをくれたのである。
岡田との昼食を終え、仕事を終えたその日の夜、妻と子供が寝静まった電気の消えた寝室の枕元で、私は藁をも掴む思いで、そっとノートパソコンの電源を入れ、岡田の教えてくれたバイアグラを扱っている
ショッピングサイトを夢中で検索した。
(その日は特に仕事で疲れていたが、ショッピングサイトにアクセスし、バイアグラの画像が出て来た瞬間、疲れなんて吹き飛び、目が冴えた事を鮮明に覚えている)

(バイアグラ画像)

これこれ、この商品が岡田が教えてくれたバイアグラだ!

この商品、見るからに効きそうなパッケージしてるじゃないか…

ゴクリ。私は思わず唾を飲み込みながら、このバイアグラを服用する事で、不謹慎にも愛する妻以外にも、気になっている何人かの女性も含め、エネルギッシュにそそり勃つ
男性自身で満足させている姿を妄想しながら、興奮で小刻みに震える指で、バイアグラの注文ボタンを押した。
注文ボタンを押してからと言うもの、バイアグラが届くまでのもどかしさと言ったら、なかった。
(同じ、悩みを持った男性諸氏なら、この手の商品は家族に受け取られたくない事は想像に難くない)

注文の際、配送希望欄を会社が休みの土曜日午前中に指定してあった為、玄関の呼び出しチャイムが鳴る度に、ソワソワして、不自然極まりない態度丸出しだった気がする。
そして、商品が届いた週末の夕方、私は思い切って妻、恵子(仮称)にバイアグラ購入を打ち明けた。
——-

ここから先、夫婦離婚の危機を迎えた私、妻恵子の会話をお楽しみ下さい。
(私):あ、あの…とっても大切な話があるんだ。
恵子:何?大切な話って…
夫婦間の夜の営みがままならない、夫婦間に生じる、何とも言えない気まずい空気が2人を包んでいた。
恵子:今じゃなきゃ駄目なの?
(私):うん。
恵子:何なの?私、晩御飯の買い物に行かなきゃならないの。

早く言ってよ。あなた、男でしょ?

私はハッと我に帰った。男でしょ?…愛する妻に、そう言われる事が恥ずかしく、言わせてしまう自分が情けなかった。

(私):バイアグラを買いました…何故か敬語口調になってしまっていた。
恵子:えっ?バイアグラって…薬の?

※妻の様子を見ると、バイアグラそのものの事は知っている様だ。これだけインターネットが普及し、情報網が発達している現在、
知らない事の方がおかしい。
(私):ごめん…別に黙ってるつもりはなかったんだけど。
私は返答に困っている様子の妻との沈黙の気まずさを取り繕う様に、言った。

恵子:それで効き目はどうなの?
(私):急に効き目って言われても…
※予想に反して、唐突な妻からの鋭い質問に面食らいながら、私は答えを探していた。

恵子:今すぐ私を抱いてよ!

(私):い、いいのか?晩の買い物は?
※苦し紛れの回答をしながら、私は妻の目を見つめた。
実は夜の営みが無くなって以来、男として、女性を見た時に、抱きたい衝動に駆られる悶々とした気持ちをを私は抑えられずに悩んでいた。

恵子:いいから、早くして!
その言葉を聞くや否や、目を閉じていた妻の体を抱き寄せ、貪る様に唇を重ねた。
そして気が付くと、男性自身はいきり立っており、未だ経験した事のない位、熱くなっているのを感じていた。

(私):今まで寂しい思いをさせてごめん。
今はたまらなく、君が欲しいんだ。僕にはやっぱり君しかいない!

恵子:私もよ!仕事から帰っても、あなたはろくに話もしてくれないし、あなたの心が離れて行ってしまう様で寂しかったの。
何だか今日のあなたは別人みたいだわ。あそこも硬くなっているし、何だか熱くなってるわね。
それって、バイアグラの効果じゃないの?なんだか私、たまらないわ。

※そう言われて、私はハッと我に返り、冷静な気持ちになった。
「あそこに全身の血流が集中して、熱くなるこの感じ。一体この感覚は何なんだ?」
私は未だ体験した事がない、この熱く漲る感覚に興奮を覚え、妻を激しく愛撫した。
バイアグラが届いてすぐ開封、飲んで一時間もしないうちに、こんなに激しく妻の体を求めるなんて…これがバイアグラの効果なのか?
まるで今までのセックスレスに陥っていたのが嘘の様に、その日の夜の私たちの夫婦の営みは熱かった。
今までは一回射精してしまえば、ぐったりで二回戦に望む気力も精力も持ち合わせていなかったのが、二回目以降もいけそうな感覚を
感じられるのは凄い効果を感じる。

——-

以上、多少、赤裸々な表現も含みますが、離婚危機を迎えていた、当時の気持ちを綴ってみました。
それから服用を続ける事、約半年。
待望の女の子を授かり、夫婦円満、現在進行形でバイアグラ服用を続けており、夜の営みも順調です。

ちなみに、女性版バイアグラと名高いレビトラについても妻が服用しており、女性としての性的効果を体感しており、その体験談も踏まえて書いていますので、
私、やっさんの様に夫婦間の性生活にお悩みの方のお役に立てればと思い、この記事を書いている次第です。

バイアグラ、レビトラ、シアリスの効き目の違いは こんな感じです。
バイアグラ
大木の様に強力
レビトラ
馬の様な即効性
シアリス
龍の様な長い持続性
上の写真を見て、フムフムと気が付いたあなたは すでにバイアグラの様なED治療薬については詳しい方ですね。

ちなみに私、やっさんは最初この様なED治療薬を使用しても実際に効果があるのか疑問に思っていました。
ですが・・・男の性欲は年齢を重ねても、若い時と変わりありません。
ところが気持ちとは裏腹に、肝心な男性自身の機能及び精力的部分は年齢と共に、確実に衰えてしまいます。

この気持ちと体のギャップを埋めてくれるのが、バイアグラ、レビトラ、シアリスです。

私、やっさんの経験から、それぞれの違いと使用方法について説明して行きます。

——————————————————————————-
バイアグラは大きな大木です。
——————————————————————————-
バイアグラは世界で一番初めに出来たED治療薬で、既に歴史も長く、2014年の特許切れに伴い日本でもジェネリックが
沢山出て来ているのが現状です。

バイアグラは狭心症の薬を研究中に偶然、ED治療薬としても効果が発見されて以降、世界初のED治療薬として発売されています。
バイアグラがなかった時代には 男性機能が低下すると本当に夜の人生は真っ暗でした。
医学的に出来る事としては 柔らかい物に突っかえ棒を入れる様な事しか出来ませんでした。
苦肉の策として実際、シリコンを入れたり空気で膨らむ棒状の物を入れたりした事もあった様です。

今でこそEDと言って聞えはいいのですが、バイアグラ等の薬が出来る前はインポテンスと言っていました。
インポになる事は本当、男にとってみじめで、その時代に泌尿器科に行っても治す方法がありませんでしたので、
インポの原因が心因性か器質性かを見分ける位しかありませんでした。

心因性の場合ですと、気持ちの問題ですので、カウンセリング等で治るケースもあった様ですが、あまり治療効果は
期待出来ませんでした。
実際、泌尿器科の先生などに聞きますと、その時代のインポの患者扱いには本当、困った様です。

ですが、バイアグラが出来た事で治療方法が確立され、インポからEDに呼び名が変わって男性にとっては 大きな革命が
起きたと言っても過言ではありません。

バイアグラは 今まで男性にとって治しようの無い病気を治してくれる夢の様な薬でしたので、今のIP細胞の様に不治の病から
救ってくれる奇跡の薬をして誰もが欲しがりました。
しかし、心臓の悪い方が服用しますと取り返しのつかない状態なるケースも多く出て、日本でも早々に医者の管理の元、処方される
薬として発売されました。

バイアグラはレビトラ、シアリスに比べて大きな違いは 成分が純粋であると言えます。
余計な成分が全く入っていませんので、ダイレクトにEDに効きます。

食事をしてはダメ。効果が出るまでに30分以上かかる。効果の継続時間が4時間位しかない。など...
何かと制限の多いバイアグラですが、今でも人気が落ちない理由がこの点にあります。

>>バイアグラの詳細は こちらからご覧になれます。

——————————————————————————–
レビトラは馬のような即効性
——————————————————————————–
レビトラはバイアグラの欠点を補完する様な感じで発売されました。
レビトラはドイツに本社を持つバイエル薬品と言う製薬会社で作られました。
ベンツを作るドイツ人気質と言いますか、バイアグラにおいても、とても色んな工夫がしてあります。

私、やっさんが見ていていいなと感じたのは かなりタブレットが小さくなっていて、服用するのにとても便利な事です。
バイアグラ、シアリスに比べて、かなりタブレットが小さくなっていて服用の際、とても簡単なんです。

あまりこの事に気が付かない人が多いと思われますが、これって、モノ作りに拘りを持つドイツ人らしい工夫の一つだと
思うんです。

レビトラのバイアグラに対する改良点を挙げますと、まずは即効性です。
早い人の場合、服用してから10分かからない位でしっかりと効果が体感出来ます。

まさに競走馬の様に、すぐに準備OKです。

効果の持続時間もバイアグラの4時間から8時間に増えていますので、まったりとした性生活をエンジョイする事が可能です。

レビトラも食事の影響を受けますので、なるべく空腹時に服用する事が望ましいのですが、レビトラの場合、服用して頂くと
分かりますが、口に入れた途端に簡単に分解されて行きます。

こう言った事を考慮すると、服用後30分もすれば既に効果のある成分は 体に吸収されて行きますので、食事の1時間位前に
飲んでおきましょう。
食事を終えて2時間ほど運動をして、服用するのもありだと思います。

バイアグラと比較した場合、余計な成分を入れて即効性及び効果の持続時間を長くしている分、勃起力に関してはバイアグラに
劣ります。

ですが...何もビンビンに大木の様になっていなくても、まったりとした性生活を送る事は出来ますので、ご心配なく。

>>>レビトラの詳細はこちらからご覧になれます。

——————————————————————————-
シアリスは龍の様に長い持続性
——————————————————————————-
シアリスは今日本で発売されている最新のED治療薬で、人気急上昇中です。

シアリスは 土曜日の夕方に服用した場合、月曜日の朝まで効果が持続する事から、海外では
”ウイークエンドピル”などと呼ばれています。

シアリスの効果が出て来るのは服用後、1時間位はかかりますので、少し余裕を持って服用される事をお勧めします。

シアリスがこれほどまでに、効果が持続する仕組みはその分子構造の堅固さにあります。とっても
レビトラのように口に入れてすぐに溶け始める様な事はなく、時間をかけてゆっくりと成分が体に浸透して行きます。
よって、シアリスは食事の影響をほとんど受けません。

ゆっくり溶けて効果を発揮しますので、体感する勃起の度合いはソフトな感じになります。
シアリスを使用する場面は週末の長い時間をかけての彼女との旅行などが多いと思いますので、ソフトな勃起の方が
女性にとっても優しいと言えるかもしれません。

又、シアリスの場合、1日24時間で1錠飲んでOKですので、先日服用したシアリスと当日服用したシアリスの効果が
12時間程度重なる時間があります。

実際、この時間帯もED治療薬成分の血中濃度が再度高くなりますので、効き目が高くなります。

シアリスの場合、この様に続けて服用する事で、いつでも性生活をエンジョイ出来る状態を保つ事が可能です。

>>シアリスの詳細はこちらからご覧頂けます。

 

■体感レビュー

実は私自身、30代半ば頃から、インポテンツに悩まされて来ました。いわゆる、勃起不全の症状ですね。何でインポになってしまったのか?・・・はっきりした原因は不明なのですが、振り返ると仕事上の人間関係のストレスから来る、精神的な要因が一番大きかったと思います。

冒頭での自己紹介にも書いた様に、私やっさんは、バリバリのメーカーの商社系サラリーマンで、関東を拠点に、主に茨城~東北を出張で飛び回る仕事をしています。

しかも営業系にありがちな、既存顧客を定期訪問するルートの営業マンではなく、新規開拓をした顧客を定期訪問し、管理すると言った今思えば、一番大変な職務を担当しているんですね。

営業系の仕事の場合、事務系の座り仕事と違って、比較的、自由に外出出来るメリットがあります。(但し、結果を出していればの話ですが^^;)そんな辛い営業の仕事を何故続けているのか?それは訪問先の受付に居る綺麗な女性に出会えるから続けて行けてるんです。

(いつかはあの会社の受付に座っている、綺麗な受付嬢と知り合いになって、親密な関係になりたい)

表には出さなくても、営業に携わっている男性諸氏なら、誰でも持っている密かな楽しみだと思います。

えっ?そんな営業に携わる楽しみなんてどうでもいいから、本物のバイアグラを確実にゲットする方法教えてよ!って声が聞こえてきそうですが^^;

※これは本物のバイアグラを確実にゲットする4つの秘訣のうちの、一つ目の立派な理由の一つと言う事なので、覚えておいて下さいね^^

 

 

 

 

 

 

バイアグラの前に知っておきたい薬の話

こんばんわ。やっさんです。

台風シーズン真っ只中の9月、いかがお過ごしでしょうか?

私、やっさんは優雅に、リゾート地、長野県の軽井沢の別荘にこもって、大好きな読書を満喫しています…なーんちゃって^^;

そんな夢の様な暮らしを送る事を夢見ながら、厳しい下克上のサラリーマン社会に身を置いている私、やっさんは日々の得意先回り、会議の資料作りに追われる毎日…泣き。

それに、九州在住の私、やっさんは台風シーズンの間、天気予報と睨めっこしていないとだめなんです。

(実は昨年の秋、直撃した台風の影響で、老朽化した実家の屋根が飛んで、半壊してしまい、雨水だらけになって、大規模な修理が必要になってしまったと言う苦い経験があります)

あっ、バイアグラと関係ない台風の話を書いてしまいましたが、心配しないで下さいね。愛する妻、恵子との夜の営みはバイアグラ服用を続けている為、順調で…最近は一回だけで無く、二回戦までイケてしまうまでに体感をしています^^;

ところで、これを読んで頂いている読者の方の中で、いきなりバイアグラって言われても、言葉だけは知ってるけど…市販の精力剤とどう違うの? 効き目ってどうなの?

多かれ少なかれ、疑問を抱かれる読者の方もきっと多いと思います。

実は私も、自己紹介にも書いた様に、職場の後輩の話を聞く前までは バイアグラと言う製品名は知っていたものの、月2万の小遣いのサラリーマンの安月給ではドラッグストアで売っている精力剤に比べて高くて買えないし…だいいち、妻を含め、いざ女性を抱きたい気分が高まった時に、市販で売っていない為、アウト・オブ・眼中でした^^;

そんな時に、後輩の岡田が医師のアドバイスにより、バイアグラを服用する様に話を聞いて以来、目から鱗で、ありとあらゆるサイトの情報を調べる様になると…あらら不思議なもので、薬の知識が増えて行ったんですね^^;これからは そんな情報も踏まえて書いてみますね^^

はじめに私、やっさんの頭をよぎったのは…そもそも医師の処方する薬と市販の薬はどのように違うんだろう?

まず、医師・歯科医師の処方箋や指示によって使われる薬の事を医療用医薬品と言います。又、市販の薬には、一般用医薬品、要指導医薬品があります。

【医薬用医薬品】

作用や使用方法などの点で医師や薬剤師などの専門家による管理が必要であり、大部分に保険が適用されています。例えば、これを読まれている皆さんが、医療機関や保険薬局で調剤を経て受け取る薬は、診察した時点での皆さんの病状に合わせて種類や量が決められた医療用医薬品です。

とにかく、医師の指示通りに使用するのが肝心で、医師からの指示を受けずに保管して自分の判断で使用したり、他の人に譲ったりしてはいけません。

【一般用医薬品・要指導医薬品】

一般の人が薬剤師などのアドバイスのもとに薬局やドラッグストアなどで購入し、自分の判断で使用する薬です。OTC(over-the-counter drug)、市販薬、大衆薬などと呼ばれます。これらは、成分の種類や含有量などの観点から、指示されている容量の範囲では比較的安全とされ、誰にでも使いやすいように工夫されたものなどがあります。

効果・効能については、熱、鼻水、咳、胃痛など、症状から薬が選択出来る様になっているものが多く、使用量や使用方法などを分かりやすく記載した説明書(添付文書)がついています。説明書(添付文書)については必ず読む様に心がけましょう。

※医療用医薬品と市販の薬(一般用医薬品・要指導医薬品)で同じ効果を表示している場合でも、成分・含有量が異なったり、効き方や効き目が異なる事があります。医療用医薬品の効果・効能を知っているからと言って、自分の判断で市販の薬(一般用医薬品・要指導医薬品)の代わりに使う様な事は絶対に止めましょう。

バイアグラを知ってからは、なんだか薬剤師の気分の、やっさんです^^;